So-net無料ブログ作成

親指を火傷して湿潤療法を試してみた [日記]

昨日は、いつものようにパスタを作って後片付けしてたら、
フライパンで右手の親指を、結構な大やけどしました。

ジューっていったので、慌てて水道水で冷やしましたが、
ジンジンと痛みまして、病院に行こうかと迷いました。

しばらくはコップに氷水を作って付けて痛みを凌ぎました。
そうしながら、インターネットで火傷の痛みを取る方法を検索。

湿潤療法(モイストヒーリング)とかいう方法に出会いました。
簡単にいうと、消毒などせずに水道水で幹部を綺麗にして、
食品用のラップなどを巻いて自然治癒を促すとのこと。

実際に、試してみたら効果覿面でしたよ。
あれだけ痛かった親指が、40分程度でまったく痛くない。

治療法というのは、どんどん進化してるもんですね。
昔は、火傷と言えば冷やし続けるだけだったもんです。
でも、その常識は少し違うようですね。

火傷して冷やすのは最初の5分からせいぜい15分程度だけ。
それ以上、冷やした所で凍傷になるだけらしいです。

湿潤療法なら、やけど跡も目立たなく綺麗になおったり、
早く完治するといったメリットも多いらしいです。

その後、いろいろ調べるとバンドエイドのキズパワーパッドっていう
絆創膏が、この湿潤療法に対応してるものらしいとわかり、
近くのキリン堂に買いに行きました。肌色の半透明でなかなかいいですね。

今では、スッカリ火傷の痛みもなく快適に過ごせています。
おかげでパソコンの引っ越し準備もはかどりそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。